2006年01月02日

野球人気復活の為に

数日前に同じ様なエントリーを書きましたが、今回もこのネタを突っ込んで書きたいと思います。



まず結論から申し上げると、もう日本のプロ野球を復活させる為には



「チーム数をある程度増やし、都市集中型から地方分権型へ。そして何よりスピーディーなゲームを展開する為への野球規定改正」



正直これしかないと思ってます。即ち地盤は完全にJリーグの猿真似をするという事です。



これは確かにチームや選手の質の低下を考えると諸刃の刃ですし、何より昨今は戦前に比べ人々の娯楽が多様化し、以前の様な国民総野球人間という状態は流石に不可能でしょう。



そしてここで問題になってくるのが、質を追求し、玄人うけする様徹底して「規模の縮小」にでるか、一方「質よりも、素人うけするスピーディーな展開の野球を目指し、「規模の拡大」を狙うか」だと思います。



私は勿論後者を支持します。異論はあると思いますが、今後の野球発展、延いては国による格差をなくす為には、まずはスピードのある野球をより多くの選手やチームが実践する事が不可欠であると考えるからです。



現状のままのスピード感に欠ける、一部のファンだけに特化した、少数チームによる運営だと、野球そのものに未来はないとつくずく思います。



posted by 野球小僧 at 22:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野球雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/11271502
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。