2005年12月25日

野球選手の年俸構造について

最近の球界では国内外問わず年俸が沸騰している状況にあります。それはここのチームのフロントが決めている事であって市場原理に沿ったものであればそれはそれでいいとも思います。
しかし、プライベートで怪我をした選手や、最近成績の芳しくない過去に実績のある選手への年俸が高すぎるのでは?とも思ってしまいます。見ている側としては、年齢に関係なく、一年ごとの成績に比例して年俸を決めればいいと思います。例えばルーキーでも20勝すれば3億とか、実績のある選手でもその年3勝い終われば3000万とか。しかしここで問題になってくるのが最低年俸額の問題です。日本球界では、規定で440万に統一されているようですが、選手にも生活がありますし、この部分を一律に800万位までに底上げし、後はその年度ごとの完全歩合制の年俸体系にすれば、不公平感のない年俸構造になるのでは?と思います。




posted by 野球小僧 at 22:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野球雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。